子育て中にお金を増やす方法

友人たちの間で「お金のことで困ったらあいつに相談すればなんとかなる」
なんてやっかいな噂が流れているサラリーマンイチローです。
妻と子どもがしあわせになれるように
『お金を増やす方法』『お金を減らさない方法』
を考え実行しています。

家計管理と生活防衛資金の考え方

家計管理

みなさん『生活防衛資金』というものをご存知でしょうか?
生活防衛資金は家計管理と切っても切れない重要な要素を持っています。

今回は家計管理と生活防衛資金の考え方について紹介します。

生活防衛資金を考えるうえで重要な要素とは

固定費やムダを減らして家計管理が順調に進んできたら次のステップに移る準備段階です。
ファイナンシャルプランナーや投資家の間では生活防衛資金というものが浸透しています。

生活防衛資金とは、万が一のとき緊急時に家族の生活を確保するための余剰資金のことです。

具体的には入院・失業・介護・地震等の大規模災害によって収入が途絶えてしまった場合に家族が生活していくための資金のことです。

推奨される金額としては最低でも3か月分~2年分の生活費とよく言われています。

しかしこれはあくまでも目安であり、個々人によって必要な生活防衛資金は異なります。
賃貸住宅と持ち家、独身者と既婚者、公務員と自営業者等それぞれの生活によって大きく異なるということです。

生活防衛資金を考えるうえで2つの重要な要素があります。

傷病手当

業務外の病気やケガで仕事に就くことができない場合に健康保険組合に申請することができます。

支給額と期間は、標準報酬月額の2/3の金額が最長1年6か月間支給されます。

詳しい内容は全国健康保険組合のHPをご確認ください。

失業保険

就職する意思と能力があるにもかかわらず、職業に就くことができない状態の場合にハローワークに申請することができます。

支給額と期間は、離職する直前6か月間の給与額の45~80%が支給されます。

詳しい内容はハローワークのHPをご確認ください。

 

以上の2つの公的制度を知らない場合、不安感から過剰に生活防衛資金を用意してしまいがちです。

この2つの公的制度を理解したうえで生活防衛資金を考えていきます。
生活防衛資金は多ければ多いほど安心できますが、あまりにも多いと人生の機会損失につながりかねないため注意が必要です。(家族との旅行費や友人との交際費、事業のチャレンジ資金等)

生活防衛資金をどれくらい準備したらよいか

個々人によって必要な生活防衛資金は異なります。

いろいろと考えたうえで、私の生活防衛資金は生活費の6か月分を目安にしています。

生活防衛資金を考えるうえで計上した6つのこと

  1. 夫サラリーマン・妻パート
  2. 既婚者・2子
  3. 持ち家
  4. 貯蓄性保険は非加入
  5. 医療保険は非加入
  6. 株式・投資信託保有

以上6つを考えて、生活防衛資金を生活費の6か月分としました。

生活費の6か月分を上まわった資金は投資信託を購入しています。
緊急時には生活防衛資金を利用し、それでも足らない場合は投資資産を売却するつもりです。

もし投資資産を持っていないとしたら、生活防衛資金は生活費の1年分とします。

みなさんも自分なりの生活防衛資金を計上してみてください。

生活防衛資金は流動性がカギとなる

生活防衛資金の性質上、いざというときに流動性がなければなりません。

ベストなのが預貯金です。今どきはコンビニにATMがあるので不自由しないでしょう。

不動産や美術品などすぐに売却できないものではダメということです。

生活防衛資金と医療保険を考える

生活防衛資金をためると、医療保険は必要ないという考えが固まります。
1日入院したら5千円という備え?は生活防衛資金で充分まかなえるからです。

みなさん気づいているでしょうか?保険とはそもそも入ると損をする可能性が極めて高いものです。
充分な資金があるのなら、その分を貯金や投資にまわした方が効率がよくなります。

医療保険についてはこちらの記事も参考にしてください。

健康保険とは別に医療保険は必要か
結婚して子どもができると周囲から必ず言われることがあります、それは・・・ 「そろそろ生命保険に入らなくちゃだね」 ここで言う生命保険とは『死亡保険』と『医療保険』です。 死亡保険と医療保険をいっぺんに紹介するとボリュームが膨大...

家計管理と生活防衛資金の考え方のまとめ

必要な生活防衛資金は個々人によって異なるということ。

生活防衛資金が確保できればムダな医療保険を解約し、資金まわりの効率がよくなるということ。

生活防衛資金が家計管理に重要な要素をもっているということが分かったでしょうか?

究極を言えば副業をし、株式投資や不動産賃貸収入、太陽光発電など複数の収入を持てればベストです。
そうすれば、どれかがダメでも他の収入があれば生活が維持できます。

身体が動かない状態になった場合も不動産や太陽光発電が収入を運んでくれる。
複数の収入を持ちリスクを分散するというのはそういうことです。

いきなり全てを目指すというのはなかなか難しいものなので、投資信託の積立から始めてみてはいかがでしょうか?

以上、家計管理と生活防衛資金の考え方について紹介しました。

コメント