子育て中にお金を増やす方法

友人たちの間で「お金のことで困ったらあいつに相談すればなんとかなる」
なんてやっかいな噂が流れているサラリーマンイチローです。
妻と子どもがしあわせになれるように
『お金を増やす方法』『お金を減らさない方法』
を考え実行しています。

子どもの金銭教育はいつから、どうすればいいのか考える

家族

「子どもの金銭教育はいつからやればいいのか」

「子どもの金銭教育はどうすればいいのか」

同じように悩んでいるご家庭もあるかと思います。

わが家の2人の子どもはまだ保育園に通う年齢なのでまだ早いと思うかもしれませんが、私は子どもの将来についてニヤニヤしながら妄想するのが好きなので考えてみました。

子どもの金銭教育について考える

同年代の友人夫婦に「子どもの金銭教育について夫婦で話し合ったことがあるか」聞いてみたら、10組中5組が「ある」と答えてくれました。

みなさん思ったよりも子どもの金銭教育について考えているようです。
ですが、考えてはいるけど実際にどうすればいいのか悩んでいるというのが現実のようです。

自分が子どものころはおこづかいなんて無かった

私が保育園に通っていたころはおこづかいなんて制度はなくて、両親と買い物にいったときに好きなものを買ってもらっていました。

小学生になると両親からおこづかいをもらって、おこづかいで買えない高価なものは誕生日に買ってもらっていたのを覚えています。

ここまでは小中学生のよくあるパターンです。

まわりの家庭とあきらかに変わったのは高校生になるころでした。

高校入学から始まった金銭教育

もうすぐ高校に入学するある日、父からこう言われました。

おまえももう高校生だな。高校生といえば義務教育も終わった立派な大人だ。だから今日からおまえを1人の大人として扱うことにした。

イチロー
イチロー

おこづかい制度はもう終わりだ。必要なものがあったらその都度申請しろ。どんな内容だろうとお金はいくらでも出してやる。

イチロー
イチロー

いくらでも?

そうだ、高校入学から就職するまで必要なお金はいくらでも出してやる。ただし、ちゃんとあとで返すんだぞ。

イチロー
イチロー

あとで返すって?

ようするに、高校入学金から授業料・制服代・修学旅行代・部活動代・日用品代・学食代もだ。
専門学校や大学に行くならその費用も、自動車が欲しいならそれも全部出してやる。

イチロー
イチロー

ただしちゃんとあとで全部返す?

 

そうだ、働くようになったら毎月オレに返せばいいんだ。簡単だろ?

イチロー
イチロー

なるほど、簡単だな・・・

そういうことです。1千万だろうが2千万だろうがいくらでも出してくれる。ただし、あとで全部返すっていう条件付きです。

かなりレアなケースだと思います。

まわりの友人たちに聞いてもこんな家庭はもちろんないです。
でもやるしかないのです。父の言うことは絶対です。こうして私の高校生活がスタートされました。

イチロー父流金銭教育のメリットとは

この金銭教育によって私は何に対しても真剣に考えるようになりました。

どちらが優れているのか。
もっとお得な方法はないのか。
そもそもそれは本当に必要なのか。

こうしたことをあたりまえのように考えることができるようになりました。
自分でお金を出しているのだから授業はしっかり聞こう、お金出した分しっかりと吸収しようと。
勉強に対しての意識が変わりました。

将来について考えるきっかけ

そのかいもあって、大学の学校推薦もいくつかいただけるようになりました。
まわりの同級生たちがあたりまえのように大学入学を目指していたなか、私は自分の意思をもって専門学校に進みました。

大学で4年間学生生活を送るよりも、専門学校で2年間学ぶことの方が価値があると思ったのです。

この決断は生涯賃金を考えるとそれが本当に正しかったのか、今でもよく分かりません。
しかし自分の将来について本気で考え、自分で決断をしたというのはとてもよい経験となりました。

いろいろな事情で家計が大変な家庭で育った子どもは、こういった考えが自然と身についているのかも知れません。
高校生の頃は「なんで自分だけお金を返さないといけないんだ。」と友人たちをうらやましくも思いました。

生活に不自由ない家庭で育った私が、こういった考えにこの段階で気づけたということ。

今となっては大変価値のある経験をさせてもらったと言えます。

子どもの金銭教育に思うことまとめ

社会人になってから今までかかったお金を父に返していきました。

返済を続けていく過程で世の中にはいろいろなお金に関する知識や情報があふれていることを知りました。

普通に暮らしていたら、疑問にも感じなかったようなことに気づけたのは父流の金銭教育のおかげです。

問題は私の娘と息子に父流金銭教育を受け継ぐのか否か。
私は父の言うままに従いましたが・・・娘と息子のときはどうでしょうか?
時代も違いますし、教育費も上がっています。

妻に相談したときには

いいことだと思うけど・・・わたしにはできないな。

たしかに万人向けではないのかも知れません。

ですがもし可能であれば・・・最高の人生経験となって、将来の資産形成がいっそう早まることは確実です。(借金返済スタートでハンディがあってもなお早まります。)

長々と子どもの金銭教育について妄想してきましたが

うちの子どもたちまだ保育園児だよ。

という妻からのツッコミが入りました。

子どもたちの適性を見つつのんびりと夫婦で考えていきたいです。

 

イチロー
イチロー

複利の法則とか投資信託とか・・・いつから教えていくか楽しみだな。

コメント