子育て中にお金を増やす方法

友人たちの間で「お金のことで困ったらあいつに相談すればなんとかなる」
なんてやっかいな噂が流れているサラリーマンイチローです。
妻と子どもがしあわせになれるように
『お金を増やす方法』『お金を減らさない方法』
を考え実行しています。

アパートの家賃節約と大家さんとの交渉方法

住宅
PhotoMIX-Company / Pixabay

「家計の改善」

家族持ちのわたしには永遠のテーマと言ってもよいかと思います。
「家計の改善」を考えたときまず初めに考えるのが固定費です。
本日は固定費の中でもアパートの家賃節約と大家さんとの交渉方法について紹介します。

内見するアパートの探し方

みなさん、希望するアパートを見つけるときにはどのようにしていますか?

  1. インターネットでSUUMO(スーモ)やHOME’S(ホームズ)を見る
  2. 気に入った物件を見つけて不動産会社に内見予約をする
  3. 実際に何件か内見をする
  4. 契約

こういった流れで探していますか?
というか

これ以外になにか方法あるの?

って思いますよね。

わたしが実際にアパートを内見するまでの道のり

これはわたしが妻と入籍して初めてアパートを探したときの話です。

  1. 家賃は8万円以下
  2. 部屋の広さは2LDK
  3. できれば都市ガス
  4. エアコン付き
  5. 敷地内に駐車場付き
  6. 2階以上
  7. スーパーが近い
  8. 通勤に便利な場所

こんな感じでふたりでアパートの条件を決めてSUUMOで検索しました。
検索した結果、良さそうだなあと思ったのは3件。
SUUMOに載っていた不動産会社に内見の予約を入れました。

なんだわたしと一緒じゃん。

そうです、ここまではみなさんと一緒です。ただ違うところは不動産会社に予約の電話を入れたのは第2希望と第3希望の物件だけです。第1希望の物件はこの時点では内見をしませんでした。

どうしてでしょうか?

第2希望も第3希望もどちらも良い物件でした。
どちらのアパートに決めてもしあわせな新婚生活が送れそうです。

では第1希望をこのとき内見しなかった理由とは・・・

それは一般的な不動産会社との契約の流れを知るためでした。
そうです、わたしは今までずっと実家暮らしでアパート契約をした経験がなかったのです。
一般的なアパート契約とはこういうものだという予備知識をもち、満を持して第1希望の物件内見をしたかったのです。

アパートの大家さんと直接交渉する方法

いよいよ第1希望のアパートの内見準備をします。
その方法は・・・

  • 『アパート名(スペース)大家』
  • 『アパート名(スペース)連絡先』
  • 『アパート名(スペース)電話番号』

こんな感じでインターネット検索して大家さんの連絡先を調べます。
大家さんの中にはブログやホームページを作成して自分の物件を紹介していることがあります。
不動産会社を通さずに自分でお客さん(入居者)を見つけたいと思うからです。
その理由は不動産会社に手数料を払わずに済むからです。

我々入居者は不動産会社を通して契約すると仲介手数料を不動産会社に払います。
実はこのとき大家さんも不動産会社に手数料を払っているのはご存知でしょうか?

「お客さんを見つけてくれてありがとう。これ約束してた手数料です。」

こんな感じで大家さんも不動産会社に手数料を払っているのです。

ちょっと待って、不動産会社を通さずに直接大家さんと契約するってことは・・・仲介手数料がタダになるってこと?

そうなんです、大家さんと直接契約すれば仲介手数料は0円、つまり無料です。仲介手数料は通常家賃の1か月分が多いですからこれだけで大きな節約になります。

家賃が8万円なら初期費用が8万円節約できるってことか・・・それってスゴイじゃん。

不動産会社を通さずに大家さんと直接契約すると入居者にも大家さんにもメリットがあるということになります。俗にいうWIN-WIN(ウインウイン)の関係です。
メリットは仲介手数料がタダになるということだけではありません。
そのほかのメリットも紹介します。

大家さんと直接交渉するメリットとは

大家さんと直接交渉するメリットとは・・・

ズバリ!大家さんと顔をあわせて交渉できるということです。
不動産会社を通して交渉するとなかなかうまくいかなかったことってありませんか?
わたしが実際に大家さんと交渉した内容を紹介します。

イチロー
イチロー

ステキなお部屋ですね~とても気に入りました。

そういってもらえるとわたしも嬉しいです。

イチロー
イチロー

でもひとつだけ問題がありまして、実は当初考えていたよりも少し予算オーバーしてしまうんですよ。お部屋はとても気に入ったので是非ともここに決めたいのですが・・・大家さん相談にのってもらえませんか?

 

イチロー
イチロー

家賃をもう少し安くしてほしいっていうのがホンネなのですが、さすがにそれは大家さんにもうしわけないので・・・フリーレント、つまり1か月家賃を無料にしていただけませんか?

う~ん・・・まあフリーレントならOKですよ。

↑家賃減額はほとんど無理だけどフリーレントはわりとOKしてもらえることが多い。

イチロー
イチロー

ありがとうございます。ついでと言ってはなんですが~寝室にエアコンが付いてないんですよね。寝室にエアコンがあれば言うことなしなんですが・・・

イチロー
イチロー

大家さんこう考えてみてください。大家さんがエアコンを付けてくれる→わたしたちが入居を決める→将来的にわたしたちが退居したあとにもエアコンは残る→このアパートの売り(メリット)になる→つぎの入居者が決まりやすくなる→ということは・・・

イチロー
イチロー

今回大家さんがエアコンを取り付ければ大家さんにとってイイことばかりじゃないですか(笑)
金額にもよりますけど、経費か資産として減価償却できるし節税にもなりますよね(笑)

うまいこと言うね~それによく知ってるわ(笑)いいよ、そんなに言うならエアコン付けちゃおうか。

イチロー
イチロー

ホントですか!ありがとうございます。大家さんとは良いお付き合いができそうです。本日からよろしくお願いします。

こんな感じで大家さんと直接交渉しました。

イチロー
イチロー

あらためて考えてみるとわりとあっさりエアコン付けてくれたのは不動産会社に手数料払わなくて済むからかも。

大家さんと交渉するときに大事なこと

大家さんと交渉するときに大事なこととはなんでしょうか?

不動産に関する知識?
わたしは一般のサラリーマンなので不動産の知識なんてほとんどありません。
それに初めてのアパート契約でしたし。

どんなことでもわたしがいつも心がけていることは
『自分があのひとの立場だったらどう思うか』
ということです。今回でしたら
『自分が大家さんだとしたらどういう入居者なら嬉しいのか』
と考えることです。

  1. 内見予約の電話は丁寧な言葉つかいをする
  2. 集合時間に遅れない
  3. ニコやかに楽しそうにしながら内見する
  4. 気に入ったところは声に出して言う
  5. 気に入ったのでこの部屋にしたいと素直に言う

たとえばこんな入居者なら大家さんも嬉しいのではないでしょうか?

大家さんに直接交渉したメリットがここでも活きてきます。
不動産会社を通して交渉すると大家さんは入居希望者がどういったひとなのか分かりません。
不動産会社との電話では入居者の顔が見えないからです。
それが直接交渉することによって解決します。
自分が大家さんだったらどちらが安心して契約できるか・・・もう答えはでていますね。

その他に節約するために交渉したこと

  • 駐車場の賃料を家賃に含めてもらって契約した→家賃に含めると消費税がかからなくなる
  • 保証会社ではなくて保証人で契約した→身内を保証人にすればもちろんタダ
  • 自分でネットで探した火災保険会社と契約した→大手保険会社と比べて半額以下

以上3つです。
この3つが了解されたのも大家さんとよい関係性ができたからではないでしょうか。
とくに2番目の、今の時代保証会社必須の物件がほとんどなのできびしいかなあと思っていたのですが

きみたちなら安心できるからOKだよ

と言ってもらえました。

イチロー
イチロー

いちおう夫婦の源泉徴収票と保証人の通帳まで用意していたけど、結果的に使わなかったな

アパートの家賃節約と大家さんとの交渉方法のまとめ

 

今回の交渉で節約できた費用の内容です。

 

<不動産会社で契約した場合の費用>

  • 家賃→70,000円
  • 仲介手数料→75,600円
  • 敷金→70,000円
  • 駐車場→6,480円
  • 保証会社→70,000円
  • 火災保険料→21,600円
  • カギ交換→16,200円
  • 合計→329,880円

※消費税は8%とします。

 

<大家さんと直接交渉した場合>

  • 家賃→70,000円
  • 仲介手数料→0円
  • 敷金→70,000円
  • 駐車場→6,000円
  • 保証会社→0円
  • 火災保険料→8,640円
  • カギ交換→16,200円
  • 合計→170,840円

不動産会社と大家さんの初期費用の差額は159,040円となりました。
家賃が70,000円の場合でこの差額ですが、もちろん家賃が高くなれば影響はもっと広がります。
たとえば家賃が100,000円の場合は208,000円の差額となります。

今までに何度かアパートを引っ越して、そのたびに大家さんと直接交渉をしました。
直接現地に行って掲示板に大家さんの連絡先を見つけたこともありました。

大家さんをインターネットで探した時間数分

直接現場に行く時間数分

大家さんと交渉する時間数分

これを費用対効果で考えてメリットがあると考えるかどうかです。

大家さんと直接交渉してアパートの家賃を節約する方法
わたしはメリットがあると感じたので実行しました。

 

コメント