子育て中にお金を増やす方法

友人たちの間で「お金のことで困ったらあいつに相談すればなんとかなる」
なんてやっかいな噂が流れているサラリーマンイチローです。
妻と子どもがしあわせになれるように
『お金を増やす方法』『お金を減らさない方法』
を考え実行しています。

賃貸アパートから住宅購入を決意した理由

住宅
Ricinator / Pixabay

このまま賃貸アパートに住み続けていいのかな?それとも思い切って購入した方がいいのかな?自分の場合はどっちだろう・・・

 

今回はそんな疑問に答えます。

 

賃貸アパートのメリットとデメリット

 

『住まいは賃貸がいいのか持ち家がいいのか』

同じ悩みを持っている方も多いのではないでしょうか。

私も結婚当初からしばらく悩んでいました。

結論から言うと私が出した答えは住宅購入でした。
この結論を出すにあたり考えた賃貸のメリットとデメリットをまとめました。

※この場合の賃貸はアパートのことです。

賃貸のメリット

賃貸のメリットをあげてみます。

ライフイベントの変化に対応しやすい

転勤・転職・子どもが産まれる・子どもが独立する・子どもの私立入学・病気・災害・リストラ・残業代削減。

生活しているとさまざまなライフイベントの変化があります。
そういったライフイベントの変化があったときに柔軟に対応できるのが賃貸の1番のメリットです。

転職を考えるときに身軽に引っ越しできれば選択肢が広がります。
生活費のバランスシート上の変化による暮らしのダウンサイジングにも対応しやすいです。

住居費という固定費の削減ができるという奥の手が使えるというのは、、心の安心材料となるものです。

家賃補助がある

勤めている会社によりけりですが、賃貸住宅の場合会社から家賃補助がある場合が多いです。

月々数万円という金額は大きく、あなどれません。

生活動線がよい

1フロアによるメリットです。洗濯や掃除の効率がよいです。

固定資産税が必要ない

固定資産税を払わなくてよいということをメリットにあげる人も多いです。

ですが、固定資産税分の金額は家賃に含まれているとみてよいかと思います。
また、2年ごとに更新料を払うのでプラスマイナスゼロとみることもできます。

修繕費が必要ない

固定資産税の場合と同じく修繕費も家賃に含まれているとみてよいかと思います。

賃貸のデメリット

賃貸のデメリットをあげてみます。

他の世帯の生活音が気になる

賃貸住宅に住んでいると生活音が気になることがあります。
生活リズムの違いや仕事によっては昼夜逆転生活をしている人も今や珍しくもありません。
自分ではこれくらい大丈夫と思っていても、他人からするとそうではないということもあります。

子育て世帯が賃貸暮らしをしていて1番気にするのがここです。

子どもの泣き声がうるさく感じないだろうか?
子どもの足音が下の階に響いていないだろうか?

こうした子どもの生活音はある程度はしかたがないものではあります。

しかし、子どもがいない世帯にとってはそんなことは関係ないのも事実です。
理解がある人ばかりではありません。

そんなある意味きゅうくつな思いをしているうちに

「もっと子供とのびのびとして暮らしたい」

そう思うのは子育て世帯ならば当然なのかもしれません。

部屋数が少ない

3~4LDKといった家族向けの賃貸アパートはほとんどありません。
賃貸マンションを探しても家賃が高く、購入した方が安い場合が多いです。
また、選択肢も多くありません。

不動産投資をしている立場になって考えれば、利回りがよい少人数世帯用の物件が多くなるのは当然です。

2倍の広さだから家賃も2倍・・・ということにはなりません。

将来子どもが1人、2人と増えることを考えると住宅購入を考えたくなります。

駐車場代がかかる・数が少ない・遠い

駐車場を保有している自動車の台数分確保できることはそうそうありません。
多くのアパートの場合1部屋につき1台となっているようです。

共働きで自動車通勤の場合は近隣の駐車場を追加で探す必要があります。

雨の日にアパートと駐車場を往復して荷物を運ばなければならない・・・
駐車場が遠い場合、毎日のことなのでそれがストレスとなりかねません。

庭がない

庭で子どもとプール遊びがしたい・バーベキューをしたい。
子どもが産まれると庭が欲しいと感じる人が増えるそうです。

植木の手入れやガーデニングがしたい夫婦も多いのでしょう。
自動車好きな人は庭で洗車ができないこともデメリットと感じます。

賃貸のメリットとデメリットのうち特に決め手となったこと

ライフイベントの変化をどう考えるか
子どもの生活音をどう考えるか
部屋数をどう考えるか

私が勤務している会社と職種は転勤の可能性が低いですし、転職するつもりもありません。

リストラ・子どもの私立入学については、未来のことは未知数なので考えてもしょうがないと思っています。
それにこれを考慮に入れると、ほとんどの人が住宅の購入が不可能となります。

子どもの生活音を隣人に迷惑がかからないように注意する(しつける)ことは可能だと思います。

ただ、私も妻も実家は持ち家一戸建てです。
家の中で追いかけっこをしたり、ケンカをしたり、大きな声で歌を歌ったり。
兄弟・姉妹とともにのびのびと自由に暮らしてきました。
自分の子どもたちにもそうであって欲しいという想いは強いです。

部屋数の問題もそうですね。

わが家のように姉弟だと別々の部屋がどうしても必要となってきます。

また自立心を養うためにも自分の部屋があった方がよいでしょう。
都心部ではぜいたくな悩みかもしれませんが、幸いにも?わが家はどちらかというと田舎よりです。
姉弟それぞれに部屋を与えるためにも住宅を購入したいと考えるようになりました。

賃貸アパートから住宅購入を決意した理由のまとめ

賃貸アパートか住宅購入か

答えを出すうえで大事だと感じたのは子どもの環境でした。

住宅を購入するには数千万という大金が必要で、簡単には捻出できないものです。

私たち夫婦が話し合ったのは

『子どもをどう育てたいか』

『子どもにどう育って欲しいのか』

この2点でした。

真剣に考えたうえで出した答えが住宅を購入するということだったのです。

子どもたちのために、家族の幸せのために

大きな決断をして実際に住宅購入するまでの内容は次回紹介します。

コメント